2022年12月


●Z世代   2022.12.05
生まれながらにしてデジタルネイティブである初の世代であり、デジタルをうまく使いこなす1990年代後半〜2010年生まれの、若者のことである。しかし彼らは「自分達がデジタルをうまく使いこなす」とは思っていない。昭和50年生まれの人たちが「自分達が自動車や電化製品をうまく使いこなす」と思ってはいなかったのと同じだ。そしてZ世代に媚びて合わせようとしてLINEに絵文字やスタンプを大量に使うのはZ世代以前の人たちである。ということがバレるので、SNSやメールに絵文字やスタンプを多用するのは止めよう。Z世代はクールでシンプルなのだ。


●戦争の話   2022.12.04
老人が戦争の話をする。疎開の話、東京大空襲の話、玉音放送の話、みんな遥か昔の遠い記憶の中での出来事、と思ってはいけない。これらは遠い記憶ではなく昨日の事のような鮮明で明確な記憶なのだ。子供の頃の記憶というものは思い起こすたびに鮮明さが上書きされていくらしい。そこに戦争という強烈でインプレッシブな出来事が背景にあれば尚更鮮明さを保ったまま脳の中に記録されているのだろう。さらにそれまでの鬼畜米英が1夜にしてGive me chocolateに変わったのだから、その価値観と考え方の変化には普通はついていけないだろう。ゲシュタルトも崩壊するわ。というわけでこの年代の人たちの、変に意固地であったり他人の言うことに批判的であったり、辻褄の合わない言い訳をしたりするのは、時代がそうさせた、仕方のないことなのだろう。


●テレワーク   2022.12.03
テレワークという言葉が日本では普通に使われている。またなかなか普及していないという現実がある。なぜ普及しないのかと言えばテレワークという言葉がいけないのではないかな?正規の仕事が会社で行うオフィースワークだとして、これに対して遠隔で行うイレギュラーな仕事がテレワークというふうに区別しているかのようだからだ。これだけネットが普及すれば会社と家のどっちが正規の働き方か?などと決める必要もなければ、そもそも会社などという昭和な組織もなくなりつつあるだろう。全てのワーカーがネットに接続してワークしていて、どれがテレでどれがニアなのかなんて考えることすらバカバカしいだろう。誰も出勤してこない会社に1人でワークしているほうがテレワークっぽいし。仕事を距離で判別することがナンセンスだということにいい加減気付けよってことだ。


●変温動物   2022.12.02
ジェラシックパークとかに登場するティラノザウルス。口を開けて唸りながら首を大きく振って相手を威嚇しながら襲ってくる。しかしどうだろうか、ティラノザウルスは爬虫類である。現存する爬虫類である例えばワニとかコモドドラゴンとかアナコンダとかは、唸りながら相手を威嚇したりはしない。無表情のまま襲いかかり、無表情のまま捕食していく。爬虫類だから体温は外気温と同じ変温動物であり、哺乳類のような恒温動物ではないため、常に体を速く動かせるわけではない。だから活動中は極力無駄な動きはしないようにしているはずだ。もっとも実際の人間のヒットマンも極力無駄な動きはしないようにして一撃で瞬間的に仕事を済ませる。映画やドラマのように相手を威嚇したり脅したり蘊蓄をこいたりはしない。ヒットマンは恒温動物なのにね。


●異常気象   2022.12.01
じゃ、正常気象って何だ?例えば、太陽黒点数の変化は、太陽から地球に降り注ぐ放射エネルギーの変化をもたらすため、地球の平均気温を変化させる可能性がある。また大規模な火山噴火によっても地球上のCO2の量は変化する。さらに宇宙のどこかで超新星爆発が起きれば、地球の場合、ガンマ線は大気上層で光化学反応を起こし、窒素分子を窒素酸化物に変換してオゾン層を破壊し、地表は有害な太陽光や宇宙線に曝され、 植物プランクトンや植物の葉が特に影響を受け、海の食物連鎖の基礎が激減することになる。などなど天体や太陽、地球自体の様々な変化の影響によって、地球の気象は常に一定ではない。2050年にはCO2の排出量をゼロにする!とか国際会議の場で宣言すればカッコいい。その「オレのほうがカッコいい合戦」が白熱しておかしなことになっている。そしてその宣言をした人のほとんどは、自分が2050年までは生きていないであろうことは計算済みだ。



BACK

メニュー